読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bipolar Disorder Of Life

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!返事は必ずします。Twitter@hattix0828

僕は春に症状が悪化する

日記

3月に入り、まともな精神状態になったのは今日がはじめてだ。日付は3/26。つまり25日間は異常な状態だった。

春季のうつとでも言うのか、とにかく精神症状がひどい。

3/25にしばらく絶っていたエチゾラムデパス)をもらいに医者へ駆け込んだ。

 

2年間くらい頓服で使用していたエチゾラムをやめたのは睡眠外来で指摘されたからである。副作用で眠気があるため、日中の強い過眠症状を改善するならばやめたほうがいい… と。

 

エチゾラムを1mg飲んだ後からみるみる体調が復活した。思考がちゃんと巡り、物事に集中できる。

何より、やっかいな精神障害が出てこない。なのでこの文章も書ける。

 

どのようにひどいのか、説明しようにもうまくまとめられない。日記に毎日の調子を書いているのだが、精神的な不調というものは言葉や文章に変換しづらい。なので、不調の詳しい内容については、また記載しようと思う。

 

とにかく「自殺したくなるほどの混乱状態」が25日間続いていたと解釈してくれればいい。幼稚な表現で言えば「超絶うつ」と表現すればしっくりくる。

 

エチゾラムが効き、自分にはこのクスリがとりあえずは生命線なのだなと認識した。切れると命に関わる。

「命に関わる」と書くと、大げさに思われるかもしれないが、とても生活できるものではないのだ。特に資本主義の社会では。

 

この長い不調の中、仕事を続けていられるのは奇跡である。長く真面目に働いたおかげで、1ヶ月くらい不調であってもなんとも思われなかったらしい。僕自身は「この状態では仕事などできるものではない」と、日々感じていた。それだけに奇跡に感謝したい。

 

エチゾラムのおかげで少し光明が見えた。まだ正気でいられるらしい。不調も長く続くと治療への諦めも出てくる。

嬉しい。健康である今の時間を大切にしたい。

 

それにしても、ものすごい苦しさだった。

睡眠外来

ここのところ過眠症がひどい。秋を境目にスランプに入ったようだ。

正式な過眠症の診断は下りていないため、リタリンやモダフィニルといった。主な治療薬は出ていない。主治医もカンタンには診断しかねるという構えが見てとれる。

 

しかし、ベタナミンというクスリは1日125mg処方されている。過眠症に使われるクスリだ。これがまた、効き目がマイルドで、僕の激しい過眠発作を完全に抑えるまでとはいかない。

 

そのため睡眠外来を受診することになった。しかし、予約が山盛りで、診察は12月まで待たなくてはいけない。

それまで、発作に怯えながら暮らすのは嫌だ。

 

何か対策を考えなければ。

良くない、不安感が高すぎる。

 

 

タイからカンボジアへ陸路で国境越えをする場合に読んでほしいこと

はじめに

2016年8月2日、僕は友人と2人でタイ − カンボジア の国境を陸路で越境した。

予備知識はあったつもりだったけれど、いろいろと困ったこともたくさんあった。

今回はその体験を元に、2016年夏の情報として、タイとカンボジア間の国境越えはどうなっているのかを提供したい。

移動した都市はバンコクとシェムリアップである。

公営バスにてシェムリアップへ

モーチット・バスターミナル(北バスターミナル)からシェムリアップ行きのチケットを購入する。

f:id:hattix:20160817152906j:plain

昼食付き、バス内にトイレがある。2時間を目安にドライブインにて休憩がとられる。

お値段はシェムリアップまで750B。カンボジアのビザ代は自分で用意すること。僕らはE-VISAでネットで日本で事前にビザをとっておいた。

続きを読む

LAMY STUDIO 万年筆 ラミー ステュディオ レビュー

日記

万年筆の新調

愛用していたLAMY SAFARIのキャップが緩くなり、すぐに外れるようになったので、同じくLAMYの「ちょっといい」万年筆を購入した。

続きを読む

埃をかぶるiPadPro

日記 コンピューターの話

iPadProを触る時間が少ない。減った。
そもそも、カリグラフィー、作曲、塗り絵などなど、やろうとしていたことにチャレンジし切れていないのが問題だ。

続きを読む

パズドラブルジョア勢

日記

パズドラに7万くらい使ったようだ。
躁うつ病恐るべし。不安定なときは正常な判断ができなくなる。

まあしかし、モンポが100万貯まったりと、パズドラブルジョア勢の気分を感じることはできている。なのでお得ということもあるか。

続きを読む

趣味の再開

アナフラニールの点滴から、プチ鬱の時期がフラットへ戻ったので、作曲の趣味を再開させようと考えている。
とはいえ、そんなに時期が開いたわけではないけれど。

新しい機材が出たので、購入して、それをいいきっかけにしようと考えている。