Sunny Sometimes Bipolar Disorder

躁鬱病(双極性障害)筆者の日々を綴ります。連絡はTwitterまで!Twitter@hattix0828

Sunny Sometimes Bipolar Disorder

真実の眼

精神障害とは、何か?

私なりに向き合い、共に生きてきた。

なので、発見はたくさんある。

特効薬は無い

クスリはクスリでしかない。

現在のクスリの使用法は間違っている。

不要なクスリばかりだから。

精神疾患と診断されると、脳内ホルモンを調整するクスリを、治療薬として出される。

抗うつ剤と呼べば一般的だ。

しかし、効き目はなく、あるのは強い副作用だ。

「クスリで治った」

という精神疾患は、疾患ではない。クスリは無くとも治っただろう。

治るべくして治ったヒトを取り上げて「抗うつ剤は有効」としている現状である。数値や確たる証拠は無い。

なぜ治ったか分からないけれど、クスリで治ったことにしている。

だから、クスリは処方される。

 

精神医学だけ、根拠なくクスリを出す。

神経内科となると、ある程度は理論的にしっかりしている。

根拠をもとにクスリを出す。

いろいろな医師に遭ってきた。

内科や外科は精神医学には、一切コメントしない。

「うちは内科なので分からない」と云う。

神経科だと、すこし踏み込む。「精神科の先生と、神経科では考え方は違う」

精神と神経は近い位置にあるから、コメントできるわけだ。

神経科は、精神科と非常に似ている。

たとえば、てんかんは脳神経内科、精神科、どちらでも対応できる。

てんかん薬で、発作を抑えるのだ。

静岡県へ行けば、てんかんの外科手術をしている。現代医学であるから、脳の異常部位の削除による副作用は低い。

ただ、治療失敗となると、脳への不可逆なダメージになる。

 

脳の後部、側頭葉型のてんかんに有効性を認めて、手術をしている。

 

精神外科というものは見たことはない。てんかん手術は脳神経外科の領域だろう。

 

というわけで、精神医学は未熟といえる。

治せないので、医学と呼んでいいものか。

医師は、勉強し、精神疾患を学び、仕組みを考える。

しかし、確固たる証拠のない治療例と向き合っていても意味はない。

誰一人、精神医学で救われた方はいないのだ。

まだ、全世界の精神科医は治療法を探している段階である。

 

私の主症状は「頭痛と精神混濁」だ

どちらに対しても効果のあるクスリはない。ロキソニン等とスマトリプタンは効かない。

精神混乱に対しては、抗精神病薬は効かない。副作用だけはある。

モダフィニルという高価なクスリも、いくら飲めど効かない。興奮作用のあるクスリなので麻薬同然にされている。

しかし、自分はモダフィニルは何も感じなかった。高価なだけあって副作用はなかった。

 

イチバン効き目のあったクスリはルネスタである

しかし、ルネスタ睡眠薬だ。

睡眠薬を飲んで、意識は整い、頭痛は治り、元気に活動できる。

到底、信じられない。

しかし、よく効いた。発作時に4mg~20mg飲めば、即効で目は冴える。

 

とはいえ、一日の処方量は3mgと決まっている。20mgとなれば、7倍の数値だ。

超短期型睡眠薬を1日の上限量の7倍服用して、起きていられると感じるだろうか?

自分は通常運転である。眠くも興奮もない。

耐性は付かないから、睡眠薬としても使える。

例えるなら、コントロールを整える潤滑油だ。

 

と、お話したところで、ルネスタを飲んで活動してはいけない。

睡眠薬を飲んで、出歩く

という行為はありえないだろう。

だから、発作を抑えて元気になるものの、ルネスタによる対症療法はやめた。

アモバンの改良型のお薬なので、多量に飲むと、口内の苦味は強いのもある。

こういう経緯から、もう、現代医学の視点では自分を見ない

いろいろな角度、方向から見ていく。

そうすれば、真実に近づいていける。

 

治らない病

危機感の高まり

現在の仕事は5年目に突入している。

先日、2019年に入ってから三度目の病気休暇をとることに決まった。

今は7月末、二ヶ月の病気休暇を二回とっているため、三ヶ月しか働いていない。

なぜこんなことになったのだろう?

 

治ったと実感して、確信しても再発する

直近の病気休暇では、精神の状態は良化した。クスリも飲まなくてよいほどだった。

社会生活を活発に送れた。

そのような状況なので、自分としても余裕を持って職場復帰をした。

しかし。

復帰初日から強烈な精神発作を確認する。一ヶ月ぶりだ。

認められる症状は頭痛、意識混乱、精神不安、吐き気、幻視とめまい、である。精神疾患らしい症状が並ぶ。

一度発作を起こせば、一日中不調になり、発作も繰り返す。

こういった時は、公の場では、できるかぎり普通を装う。

皆、経験していることだろう。精神疾患の方は、素直に不調を表すことはできない。理解されず、迷惑と感じる方ばかりであるからだ。

なので、理解される範囲を考えて、演技を交えたアピールを必要とする。

 

それでも良くなっている

意識は混乱と苦痛と戦っている。

そんななか、私は「以前よりは良くなっている」といった部分をみつける。

眼底の痛みだ。三叉神経の痛みであり、群発頭痛と判断され、特別な頭痛薬を処方されている。ロキソニン等のクスリは効き目はないからである。

その痛みは発作のたびに起きていた。しかし、もう感じない。

群発頭痛の痛みは「人類史上最悪の痛み」として有名である。実に20年間の付き合いだ。

診断に至ったのは去年である。医師からは「今まで辛かっただろうね」と述べられた。

たしかに、辛かった。処方されたスマトリプタンは素晴らしい効き目であった。

けれど、不思議なことに、頭痛に耐える精神力は磨かれていて「またいつもの頭痛だ。しばらく動けないぞ」というくらいの捉え方で対応できていた。

実際の群発頭痛患者は、のたうち回るか、じっと耐える。というのだから、私はずいぶん動けるほうだと感じる。

 

職場復帰をして二週間

どうあがいても、毎日、強烈な精神発作に見舞われて、フルタイムで働けない。早退と休みの繰り返し…。

復帰前は手応えを感じていたから、職場には「必ず良くなりますから」と伝えていた。

しかし、未来はヒトの範疇では予想できないものだ。

結果的に、仕事をこなせず、混乱させるだけの状況になってしまった。

恥ずかしい気持ちではあった。しかし、職場復帰をトリガーとして不調に陥った。と考えざるを得ない。

こういった状況は、私は慣れている。同じようなパターンで失職しることは過去にあった。

障害者枠で雇ってはいただいている。だから退職を告げられることはなく、むしろ「協力して過ごしやすい職場にしていこう」という企業側の姿勢には敬意を表する。

 

退職を覚悟の上で

三度目の病休に入る。それに合わせて、私は退職を真剣に考えている。

職場はきれいに片付けて、存在の跡を消した。

つまりは「諦める」ということだ。

執着を消し、後は時間の流れに任せる。こうすれば「期待」はなくなる。

期待しなければ不安もなくなる。表裏一体の感情であるから。

これからは、一刻、一刻を楽しもうと思う。過去と未来のない。瞬間を。

その先に何があるかは、お楽しみ。

でも、僕は期待はしない。

 

多くのクスリを断薬した

はじめに 令和元年5月から、15種類ほどでていた。クスリの服用をやめた。

クスリの種類 •サインバルタ抗うつ薬ストラテラADHD治療薬(高額) •スマトリプタン=群発頭痛治療薬 •抗てんかん薬=バルプロ酸など、 •トラゾドン=睡眠改善の効果を持つ抗うつ薬 •ベラパミル=群発頭痛予防薬

やめた理由は「治らないから」 僕は22歳から15年間、クスリを服用してきた。 調子の良いときは、クスリの効き目だと感じていた。

しかし、実際は違った。クスリはなくとも調子は良かったのだと。

精神病治療薬は、効き目に疑問符がつく。 特に僕の場合は、あらゆるクスリを飲みまくった。 抗精神病薬、非定形抗精神病薬、下痢止め、偏頭痛のクスリ。

どれも、効かなかった。

唯一の抜群の薬効のあるクスリはある それは「デパス抗不安剤。 さらに「ルネスタ睡眠薬だ。

上記2つは処方制限は軽い。つまり、安全性が高いとされている。 共通しているのは脳のGABAに働きかけるといった点である。 GABAが強く正確に動くと、穏やかな落ち着いた気分になる。 不安は軽くなり、筋肉の緊張を緩和するから肩こりに効果はある。

現在は頓服薬だけを使用している 今は精神発作時にデパス。 後遺症が残って苦しく、ベッドで横になるときはルネスタ。 後遺症と発作の強い状態であればフルニトラゼパムだ。

頓服として使うGABAに作用するクスリは副作用は軽く、長期にカラダに留まらない。 私のカラダはそうなっている。 デパスは中毒性で騒がれているけれど、15年間ためらいなく飲み続けて、離脱症状はない。あるとすれば精神依存か。

躁うつ病の私。令和を迎えて知っておくべきこと

しばらく、精神とは何かと考えておりました

まず、同じ病気で苦しんでおられる方々へお見舞い申しあげます。 私は小学1年生に精神異常を発症し、現在に至ります。 その時の症状は鮮明に覚えています。 実態のないものに怯え、それ故に他者や社会に強い怒りを感じ続けました。 ある時、感情を抑えられず、下校の最中に傘を振り回し、狂人のように、泣きわめき、内に止めどなく湧き出す不安感に耐えきれず。他者、社会へ対して、非常に攻撃的に暴れまわりました。 親友であった友人は見るに見かねて、制止を試みました。 しかし、狂乱の中にいる私は、大親友ともいえる方へ、傘を振り下げる愚行へ走ったのです。 理性はかすかに残っていましたから、威嚇程度の力加減で「バシッ」と危害を加えてしまいました。

冷静になれば、自分の意思ではないことを子供であっても感じる

親友へ武器を持って襲いかかる。 許されざる行為です。 その後、深く後悔し、私は制御不能な特発的不安を、内面へ閉じ込めることへしました。 具体的に言えば、「怒り」を消したのです。 怒りは、必要な感情です。 しかし、私には精神発作からの「怒り」と、一般的な「怒り」の二つが存在しています。 思春期に「怒り」を見極めることは難しく、ならばいっそ全て抑圧してしまおうと考えました。

その結果は、長い期間のイジメに苦しむことになります。 それも、社会全体からのものです。 学校では先生と生徒から、バイトでは従業員から… と、キリのない世界です。

不快感を感じても、怒らないのですから、何をしても良いと他者は安易に解釈してしまいます。 怒らないことで、仲間外れになるのです。 ですから、徹底的に追い込まれました。私は怒りをコントロールして内に封じ込め続けました。

蓄積された精神的なストレスから、次第に病的になっていく

青年期は、多感です。だから辛くとも楽しいことを見つけ続けて、成長していきました。 喜怒哀楽の抜けた「喜哀楽」のヒトになって生きるのは、難しいけれどやり遂げました。

やっかいなのは、20代半ばくらいになってきて、世の中は思ったより楽しくない。かなり悪人がいる。 と、気付きはじめた頃です。 流石に、仕事場で不満を抑え込むと、失職まっしぐらです。不満の蓄積の限度を超えたとき。さようなら。 そんな繰り返しと、当時は「就職氷河期」 つまり、混沌の極みだった民主党政権下でした。 働く場所はブラック企業か、派遣社員しか選べません。

どちらも、私はやりがいを感じませんでした。生活の重要なウェイトを占める「仕事」に意味を感じないのです。 次第に、食欲は減退し、不眠の日は多くなって行きました。

急激な不安発作、心療内科へ駆け込む

とある夜に、精神が引き裂かれるほどの発作に襲われました。 コトバで表すことは難しいのですが、魂が乗っ取られるような感覚です。 カラダは必死で対抗するので、アレルギー状態のようになり、ますます苦しくなっていきます。 なんとか、発作は収まりました。 しかし「このままでは自我を失ってしまう」と、強く感じます。 ですから「なにかの精神病に罹った」と自覚したのです。 すぐに心療内科を受信しました。

欠神発作、てんかん、精神混乱を伴う周期的な持病、疾患について(2019/02/18の発作)

23時就寝、5時50分起床

食欲はあまり無く、バウムクーヘンを食べた。間もなく前兆のようなものを感じる。

霜が降りていて、目覚めて紫煙を燻らせつつ、朝日を浴びる。まだ日の出ではなかった。

6時30分家を出発。意識レベルはかなり低い。

6時50分、カフェに着く、タバコをくわえて東へ歩き、直射日光を3分ほど目を閉じ、体で浴びて、概日リズムの良化、朝の運動とした。

7時にカフェで絵を描く。精神混乱はひどい。しかし、絵はスムーズに描けた。アイデアの浮かぶテンポは良好であった。

8時にカフェを退店。

 

8時30分出勤

この時点で意識レベルは無気力以下であり、息をしているのを実感するのみであった。

9時に欠神。10時まで職場で座りながら眠る。

起きて意識レベルは中程度に回復するも、後遺症のために、精神混乱は強く残る。

さらには低下した意識レベルは元に戻ることはない。

思考は遮断されて、会話をするのみ。

何もできない。

 

11時30分に早退

回復の見込みはなく、次の発作は間もなくやってくる(2時間周期)

そのため、意識レベルの低下前に帰る必要を感じ、退勤。

 

12時、食欲なし

野菜ジュースと、どら焼きでビタミンとグルコースを補充。発作が現れる。

意識は気を抜くと飛ぶような状態で、しばらく動けず。瞬間的な欠神(瞬間睡眠)にて、回復方向へ持っていこうとした。というか、意識を保てずに、瞬間睡眠をしていたともいえる。

けれども、悪化の一途を辿る。

 

15時、朦朧状態

おとなしく仮眠をとれば良かったけれど、気力でどこまで意識を保てるか、休みを生かして試す必要を感じた。そのため、頭痛、吐き気、眠気、精神混乱のピークをとうに超えて、理論的思考は不可能であった。

そして、周期的な三度めの発作にあう。極度の脳と精神の疲労の最中であったが、夕方の渋滞を避けるために家へ向かう。車のステレオは最大音量。150デシベル程度の耳鳴りを伴うもの。かなりの音である。

意識の消失を避けるための処置。

ひどいときは幻視を伴い。周囲が真っ赤になったり、青くなったり、モザイクのかかった2次元の映像に見えることもある。幻聴はない。

 

16時20分、帰宅

今にも倒れ込みそうであった。しかし、一応家族へ帰宅の挨拶をして、精神安定剤を服用し眠る。床に入り、15秒で意識は落ちた。

 

19時、目覚める

レム睡眠化にあったのか、家人の足音で目覚める。

夕飯に声をかけて起こして欲しいと頼んでおいたけれど。声をかけると「わかった」と返事をして、起きなかったそうだ。そのやりとりの記憶はない。健忘である。健忘は頻繁に起きる。発作時にである。

夕食を食べて、バルプロ酸を増やし、1000mg飲む。除法剤だ。

 

日が暮れて、発作の周期は収まる

不可思議なことに、太陽の光のない、月光の元では周期的な発作は起きない。

おかげで夜空と星、月には、とりわけ美しさと安心感を感じる。オリオン座は美しい。

 

2時00分、皮肉にも発作のない時間

いつもは23時に眠る。しかし、今日は発作を極限まで耐えたために、概日リズムを崩したらしい。先程、ロヒプノールを2mg服用。

しかし、お分かりのとおり、論理的思考は冴え、文章を書ける確信を感じたので、記録として、インターネットの片隅に綴っておく。

これ以上起きていても、眠っても、明日も必ず発作はある。ただ今日は、起床直後から発作を感じた点には、奇をてらった。

毎朝の絵描きは、唯一の安らいだ時間帯であり。とても大切なものとしている。その時間を苦痛で過ごさなければならなかったのは、残念といえるし、先行きの見える不安として感じた。

そして、現実になった。

 

周期のあるということ

原因不明で治療法のない欠神発作であるが、特徴として「周期」や「症状」といったものを認識できている。

強烈な精神混乱を伴うといった点で、意識は朦朧とし、食欲不振、頭痛、性格の変化、健忘、ミオクローヌス、幻視といった多彩な症状を抑え、制御するのは難しい。

はっきり言ってあきらめている。

ただ、自分にできるのは、状態を記憶し、異常箇所(頭痛は偏頭痛のように局所にあり、全般に及ぶ)といった。細かい自己観察という点である。

治らなければ、それでいい。

治れば、それでいい。

H30年は、群発頭痛と、発作の周期性を発見した。群発頭痛は22年の付き合いだから、分かれるのは寂しく感じている。しかし、よく耐えたものだ。

疑われるのは「てんかん」である。その理論を平常時にできる限り勉強し、自己の病態を重ね合わせ、記録をとり、書類としてまとめて医師の判断を仰ぐ必要を絶対条件としている。

自分は医師ではなく、主観的に病態を評価できる立場ではない。

治らなくてもいい。

ただ、幼少期から永遠と続く自分の苦しみは何であるのか?

好奇心は尽きない。

「アクロポリス 缶」シャグレビュー

手巻きタバコ(シャグ)レビュー【akropolis 缶】

総合評価(5点評価)

  • おいしさ ★ ★ ★ ★ ★ ★
  • 辛さ ★
  • コストパフォーマンス ★ ★ ★

説明

  • シャグの中では、非常に高価。というより最も高い高級なシャグ
  • 葉は少し乾燥しているものの、辛さは目立たずまろやか。芳醇なタバコの香り、味を確認できる。ダントツで美味しい
  • あまり加湿しなくて良いと感じる
  • 葉の刻みは荒く、独特の形をしている
  • 恐らく最も高価なシャグ。けれど「美味さ」という点で抜きん出ている。そのため、コストパフォーマンスは普通だと感じる。

余談

僕がアクロポリスの缶を手にとったとき、店主のおばちゃんが「ソレを吸うと他のを吸えないらしいわ」と言っていた。
かなりのシャグを試した後なので「そんなことあるまいて」と、僕は疑いながら巻いてみる。

「…んっま!!」

めちゃ美味い。そりゃこれ以外吸えなくなるわけだ。
美味しさにより、普段のシャグより満足感は高い。そのためチェーンスモークをする気はあまり起きない。
チェーンスモークしてもめちゃ美味いのだけれど。

缶を開けると刻みの荒い葉がギッシリ詰まっている。
最初、缶の開け方を分からなくて、おばちゃんに教えてもらった。コインで少し持ち上げれば、真空状態はなくなりスムースに開く。
荒いけれど見ためはとても綺麗だった。そしてほぐさなくても適量をすぐに取れる。

そして秀逸な美味さ。おそらくアクロポリスを超えるシャグはないだろう。値段は正直である。

過眠症対策の服薬スケジュールを作った。特発性過眠症について

はじめに

僕は過眠症の症状がある。発作的に襲ってくる特発性過眠症に罹っている。
●●大学睡眠外来に通って、SAS睡眠時無呼吸症候群)だと分かり、対処するものとして、睡眠時に装着するマウスピースを作ってもらった。
日常の過眠発作は検査入院時に発作がなかったために、認めれらなかった。
マウスピースの効果はあまりないけれど、良質な睡眠にはなっているそうだ(検査で数値はよかった)
現在、モディオダールを処方されている。
しかし、モディオダールでは過眠発作を抑えきれない。

今回は自分なりに行きついた「過眠発作を起こさせない服薬スケジュール」を書き残しておきたい。

お薬の説明

まずは服薬に使うクスリの説明だ。

  1. エビリファイ 

    脳内の神経伝達物質であるドパミンなどの受容体に作用し、幻覚・妄想などの症状を抑え、不安定な精神状態を安定させるとともに、やる気がしない、何も興味が持てないといったような状態を改善させます。また、抑えることのできない感情の高まりや行動などの症状を改善します。 通常、統合失調症の治療、双極性障害における躁症状の改善、うつ病うつ状態の治療、小児期(原則として6歳以上18歳未満)の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の治療に用いられます。

  2. ストラテラ

    脳内の神経細胞の間で情報を伝える神経伝達物質を調節し、不注意や多動・衝動的で落ち着きがないなどの症状を改善します。 通常、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の治療に用いられます。

  3. イリボー 

    遠心性神経のセロトニン5-HT3受容体に拮抗することによって下痢を改善し、求心性神経のセロトニン5-HT3受容体に拮抗することによって腹痛を改善します。 通常、下痢型過敏性腸症候群の治療に用いられます。

  4. トラゾドン 

    セロトニンの再取り込み阻害作用を示し、抗不安・鎮静作用により、ゆううつな気持ちや落ち込んでいる気分をやわらげます。 通常、うつ病うつ状態の治療に使用されます 

  5. エチゾラム 

    視床下部大脳辺縁系ベンゾジアゼピン受容体に作用し、神経の過度な興奮を抑える物質(GABA)の働きを高め緊張や不安を和らげるほか、脊髄反射を抑え筋肉の過度の緊張をとり、筋肉のけいれんを抑えます。 通常、神経症うつ病心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍)における不安・緊張・睡眠障害統合失調症における睡眠障害、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛における不安・緊張・抑うつ・筋緊張などの改善に用いられます。

  6. ネスタ 

    睡眠に深く関わるGABA受容体へ作用することにより、寝つきをよくし、眠りを持続させる働きがあります。 通常、不眠症の治療に用いられます。

  7. シネメット 

    脱炭酸酵素を阻害して脳内へ効率よくドパミンを送り、脳内の不足したドパミンを補い、パーキンソン病の症状を改善します。 通常、パーキンソン病パーキンソン症候群の治療に用いられます。

  8. モダフィニル、モディオダール 

    脳の働きを活発にして、覚醒を促す作用があります。 通常、ナルコレプシー、または持続陽圧呼吸(CPAP)療法などによる気道閉塞に対する治療を実施中の閉塞性睡眠時無呼吸症候群に伴う日中の過度の眠気の治療に用いられます。

太字のクスリは処方されていないもの

服用スケジュール

時間 飲むクスリ ねらい
朝食後 イリボー、トランゾドン、エビリファイストラテラ40mg、エチゾラム0.5mg、シネメット50mg、モダフィニル100mg モダフィニルとシネメットとストラテラによる覚醒、エチゾラムによる抗不安作用
AM10:00 ネスタ3mg 空腹時に飲むことで抗不安作用を与える
昼食後 トランゾドン、エチゾラム0.5mg、シネメット50mg、モダフィニル100mg モダフィニルとシネメットによる覚醒作用とエチゾラムによる抗不安作用
PM3:00 ネスタ3mg 空腹時に飲むことで抗不安作用を与える
夕食後 トランゾドン、エビリファイストラテラ40mg、エチゾラム0.5mg、シネメット50mg、 シネメットによる覚醒、エチゾラムによる抗不安作用
PM8:00 ネスタ3mg 空腹時に飲むことで抗不安作用を与える

変わっている部分

変だと感じたハズだ。
睡眠薬のルネスタ抗不安剤として使ったり、パーキンソン病のクスリを覚醒に使用したり。
これは僕のオリジナルの調合であって、医師や薬剤師には相談しない。反対されるので。
しかし、これで特発性過眠症過眠の発作はかなり減るだろう。

また効果を追って書くつもりだ。