Sunny Sometimes Bipolar Disorder

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!Twitter@hattix0828

Sunny Sometimes Bipolar Disorder

iOS 9

新型うつについて調べていた。週刊文春の記事が、なかなか詳しく取り上げている印象だった。
しかし、執筆しているライターが精神病について理解がなさすぎる記事が多くあった。
僕は、調べているうちに混乱してきた。

 新型うつの定義は「仕事は鬱になってできないが、日常生活には全く問題はない」といったものだ。これは間違いない。
しかし、ネットの情報を見ていると、双極性障害2型と新型うつが同一視されていたり、とにかく誤った情報が多い。
インターネットの情報というものが、いかに危ういかわかった。
双極性障害については、誤った情報は少ない印象がある。昔からある病気だからだろう。
しかし、2000年代前半から急増したとされる「新型うつ」については見解が異なる記事ばかりだ。
Twitterのキーワード検索で調べてみたところ、香山リカという精神科医が新型うつという言葉を広めたという情報もあった。
香山リカの本は読んだことがあるが、的はずれなところが多く、物書きとしてはいいかもしれないが、精神科医としては2流のイメージを僕は受ける。

はてなキーワードでは新型うつ病は「香山リカの造語」とハッキリ書いてある。
では、新型うつはなぜこんなにポピュラーになったのだろうか。
僕が思うには、新型うつと認定されるヒトが、山ほどいるからだと感じる。仕事のときだけ鬱で、他のことは元気。というヒトはたくさんいるだろう。
新型うつのような、ファッションメンヘラが急増しているのかもしれない。

iPad Air 2にiOS 9 Betaをインストールしている。パブリックベータ版のiOSだ。つまりバグが出てもAppleは責任は取らない。実験台に名乗り出たかたちになる。
なので、メインの端末にインストールして使うのはオススメしない。けれど僕は最新機能を早く使いたかった。マルチタスキングだ。
これはiPad Air 2のみ使える新機能である。画面上にアプリを2つ同時に起動できる。この機能が使いたくて我慢できなかった。
インストールが終わった。iOS 9についてあまり書くと怒られるのだけど(守秘義務の規約がある)よく使うアプリSugarsyncと、はてなブログが起動しなかった。
iOS 9はタスク周りが強化されている印象を受けた。アプリ切り替え画面が大きく変わっている。肝心のマルチタスキングは、アプリが限定されており、まだ十分に使うことができない。それでも改良されたという感触はあるのでインストールした甲斐は合った。

前回書いた「リア充だらけのキャンプ会」への反響がいくつもあった。友だち関係に問題があるという指摘をいただいた。
たしかに、友だち付き合いで我慢ばかりしていてはいけないなと感じた。何のための友人なのかよく分からない。
友人関係を切るか、僕が変わるか、選択する時が来ている気がする。でも、正直面倒くさい。問題はなかったことにしておいて、時の流れに任せるという感じにしたい。しかし、過去を振り返ってみると、それでは何も変わらないんだなと思う。
人間関係は難しい。それが面白いんだけれども、時にはやっかいだ。

躁うつ病患者は躁うつの波で友だちが増減する。躁のときは増えて、鬱のときは減る。
僕は奇跡的に地元のグループとはつながっている。なぜ関係が切れないのか不思議なくらいだ。ただ、関係が薄くなったことは多くあった。それでもギリギリのところでつながり続けている。
つながっているということは、なにか縁があるのだろう。ただ、みんな個性が強いので趣味が合わない。ギャンブルが共通の趣味になり得るのだけれど、僕はもうギャンブルを辞めてしまった。時間がもったいなく感じるようになってしまった。
ギャンブルの時間があるのなら、文章を書いていたい。

お笑い芸人の又吉直樹芥川賞を受賞した。歳は僕とひとつしか変わらない。正直、偉大な賞をとれて、うらやましいなという気持ちがある。僕も文章を書いて書いて、たくさんの満足感を得たい。
幸いにも、文章の型がしっかりしてきたことに、大きな満足感を最近は感じている。

 

火花

火花