Bipolar Disorder Of Life

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!返事は必ずします。Twitter@hattix0828

ヘルシー

昨晩、iPadへネコ用のゲームアプリをインストールしていた。ネットで少し検索してみると分かるが、ネコがiPadの金魚にじゃれている動画がある。
iPadはタッチスクリーンなので、ネコの肉球でも反応する。
うちにもネコがいる。15歳になる老猫だ。ためしにiPadアプリを見せてみた。老いたネコというのは、なかなかじゃれようとしない。
しかし、アプリの金魚を目で追っている。そのうち、手も出すようになった。
けれど歳のせいか飽きてしまったようで、その後はめんどくさそうな素振りを見せるようになった。
嫌がることをさせるわけにはいかないので、すぐにiPadを引っ込めた。
若い猫なら、大喜びで遊びそうだなと感じた。
それにしても、ネコもゲームをする時代になったかと、時代の進歩に驚いている。

今日は朝6時に起きた。朝からネットばかりみている。今日は休みだ。図書館へ行きたかった。
図書館は9時に開く。時間は7時になったばかりだった。
図書館の近くにはコメダ珈琲がある。朝早くの7時から開いている。
僕はコメダ珈琲へ向かい、アイスコーヒーを頼んだ。モーニングサービスの食パンと卵がついてくる。
僕は珈琲の味にはうるさいほうだ。それでも、コメダ珈琲のアイスコーヒーはうまいと思った。

フランチャイズ店というものが嫌いなヒトたちがいる。かならず個人のお店で食事を行なうというヒトだ。彼らが言うには、価格もそう変わらず。品質が安心でおいしいという。
真心こめて作った食事を食べたいという欲求もある。バイトがつくっている料理が気に食わないのだ。
コメダ珈琲スターバックスコーヒーもフランチャイズ店だという理由で避けるだろう。

僕は逆に、フランチャイズは大好物だ。なんといっても安くて早く、そしておいしい。
個人店はもちろん行くけれど、フランチャイズのお店で食事を済ませることのほうが多い。

フランチャイズが嫌いなヒト、ヘルシーを好むヒトは、自分の食べるものに「どんな添加物が入っているかわからない」という危機感が感じ取れる。ネットで検索すると分かるけれど、食品添加物の怖さを説明するサイトは多い。
けれど、僕に言わせると心配しすぎにみえて仕方がない。添加物に敏感になりすぎている。
僕がよく飲む飲み物ははコーラゼロである。添加物が嫌いなヒトはまずコーラ自体を飲まないし、さらに、人工甘味料と聞くだけで吐き気がするらしい。Facebookでそのようなやりとりがあった。
僕なんかは楽観的で、「砂糖より人工甘味料のほうが安心」といった考えである。
とりあえず、旨ければいい。僕はカロリー0のコーラの方が砂糖で作られたコーラよりおいしい。後味がスッキリしている。

食の健康志向は、最近では流行している兆しがある。ヘルシーが売りという商品が多い。
牛丼チェーン大手の吉野家はベジ牛丼という、1日の必要量の半分が取れる野菜が入った牛丼を発売した。
弁当屋のチェーン店、HottoMottoは低カロリーのタニタの弁当を発売している。
カロリーが高く、トランス脂肪酸も多い不健康な食事として名高くなったマクドナルドは、売上減少が続くといった具合だ。
ヘルシーのビッグウェーブだ。
「乗るしかないですね!このビッグウェーブに!」と言いたいけど、ぼくは乗る気がしない。眺めていたい。

夫婦にはいろいろな種類がある。高年世代の主婦の中には旦那に対して、はやめにくたばってもらいたいと願うヒトもいるという。その場合、塩分が濃い料理を出し続けるといい、過剰な塩分摂取は心臓に悪いからと。ウソかホントかわからない話を聞いたことがある。なんとも怖い復讐劇だ。

こうやって食について書いていると、ヒトが食事というものに考えをめぐらせ、ヘルシーにこだわるというのも、理解できるようになってきた。内容が深い。
けれど、僕は今日もコーラを飲み。
これからもサイゼリアでダブルチーズのピザを食べ続けるだろう。
大丈夫、将来、食の不摂生で病気になっても、医療の進歩がなんとかしてくれるさ。
この点、気楽なものである。