Sunny Sometimes Bipolar Disorder

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!Twitter@hattix0828

Sunny Sometimes Bipolar Disorder

一向に良くならない双極性障害

はじめに

さっきアイコスを買った。10年以上禁煙を続けていたのに。

なぜなら、精神不安定な状態(抑うつ状態)になっていたからだ。

病院で処方されているエチゾラムは底をついて手元にない。

代替で効くルネスタ睡眠薬だが)も、底をついて手元にない。

精神不安を取り除く目的でタバコをふかした。

 

生活の大半を占める抑うつ状態

生活の大半は抑うつ状態だ。何もやる気はなく、憂鬱で消えてしまいたい衝動にかられれる。どうしようもなく。ベッドで横になる。

それでも消えない「うつの魔の手」から逃げようといつももがいている。

スポーツをしたり、ゲームをしたり、ときにはギャンブルをしたり。

しかし、日々の生活のなかで「抑うつ状態」を取り去るようなことはない。

死のほうが楽ではないかと何度も問いかける。

とはいえ、自死は考えられない。なにか強烈なトリガーがあればそういった行為に走ってしまうのは必然だ。

 

苦しくて助けてほしくて泣く気力もなくて活動する気力もなくて

あるのは苦しい生活ばかり、今日は仕事を午前中で早退した。

日銭も稼げない。

10年間は通っている心療内科の治療はどうなっているのだろうか。

絶望を受け入れて、生きている。

将来がみえる。それはグラグラと躁と鬱を繰り返す今までの人生の延長だ。

楽しいこともある。

何かが違う。求めている日々の暮らしの感覚が違いすぎる。

幾度となく思うのは、他人を巻き添えにしたくはないということだ。

タバコは効果があった。