Sunny Sometimes Bipolar Disorder

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!Twitter@hattix0828

Sunny Sometimes Bipolar Disorder

集中力を神経痛が邪魔をする

カフェで4時間くらい作業をする

カフェでMacBookAirとにらめっこしていた。その時間は4時間。
2014年モデルのMacBookAirのバッテリーを使い切るヒトはなかなかいないだろう。

持病の神経痛が目立つ。上半身の左半分が痛くなる。さらに頭痛も起きる。
ロキソニンを120mg飲もう。

コンピューターはやることが山積みだ

カメラの練習をしにやってきたのだけれど、いざコンピューターへ向かうと止まらない。
やることがたくさんある。
しかし、間もなくバッテリーが切れるから、ほどよく作業を中断できそうだ。

1つ曲を作成した

なんとか今週は1つの曲を作ることができた。
先週は3曲つくったから少しペースは低めである。
なかなかインスピレーションは湧いてこないものだなと感じる。

小説を考えるのも楽しそう

ブログに小説のようなものが書けないか考えている。
いままでのような日記形式の文章ではなく、芸術よりの創作文章だ。
僕はそういったものを書いたことはない。なんだか楽しそうな気がする。

創作の楽しみは広がっていく

創作の楽しみは、作曲をしていて気付いた。
無限の世界が広がるような気がする。表現方法は多彩だ。
音楽、文章、絵
なんでもいい。

躁うつ病はハンデにならない

このあたりは躁うつ病の経験が活かされる。精神世界の深みというものを書ける。
その深みは漆黒のようなものであっても、芸術として表現できれば、何にも代えがたいものになる。

それにしても神経痛がうっとおしい。昼食をとり、ロキソニンの効きめに期待しよう。