読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bipolar Disorder Of Life

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!返事は必ずします。Twitter@hattix0828

ベタナミン125mgの効きめ

今日も昨日に続き、ベタナミンの効き目を探る。
朝からベタナミン25mgを5錠放りこむ。11時には効いてくるハズだ。

過眠の症状は11時〜14時の間にやってくる。注意深く見ていた。
時系列でメモを取る。
13時をすぎて、眠気はやってきた。だんだん眠気が込み上がってくるのがわかる。
しかし、眠くならない!!
仮眠の眠気はほとんどベタナミンの効用でかき消していた。
「やっと(適量を)見つけた」
と、ここ3日間での実験を振り返っていた。
わずかに眠気は残るが、ナチュラルな範囲だと感じた。昼食後はだれでも眠くなるという。このあたりが妥当だろう。

「眠気がない世界というものを初めて感じた」ような、鮮度の高い感覚…。
このときの僕は嬉しさで目がキラキラしていた。上司に「気分が良さそうだな」と励まされる。

ベタナミンを125mg飲めば、過眠症状は出ない。これはかなりの衝撃を受けた。
いつも朦朧としている意識が、平穏なビーチのように居心地のよい場所に思える。

嬉々としていたいところだけれど、ひとつの不安が頭をよぎった。
「主治医の判断ではない」
ということだ。主治医は75mgの処方を決めたばかりである。
医師の治療に僕が口出しして125mgになるのかといえば、確信が持てない。

不安は期待に比例するかのごとく大きく膨らんでいった。
「一刻もはやく医師と相談したい」
という考えで頭がいっぱいになっていた。
焦る気持ちをかき消すかのように、心をよぎった言葉をメモ帳に書き連ねていく。
ペンで文字や図形を書くことで精神を安定させていた。

気がつけば夕方になり、仕事は終わった。
そのあと、友人と会った。気持ちを切りかえて会談を楽しむ。

「明日の朝に病院へ行かなければ」

それなりの覚悟をして、眠りについた。


そういえば、近ごろ絵の勉強をしたい。画力を上げるには「毎日何でもいいから描く」と効果的だそうだ。
いい機会なので、こちらへ4コマ漫画を定期的にアップロードする。
4コマ漫画なら描ける気がした。

f:id:hattix:20160218220351p:plain