Bipolar Disorder Of Life

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!返事は必ずします。Twitter@hattix0828

作曲活動に夢中

今日は眠気は来たけれど、頭痛は来ていない。

金曜日の夜からぶっ通しで曲を作っていた。
納得できる形になるまでとても眠る気にならない。
19時20分からはじめた作業はスタバからはじまって、ベットの中へと続く。
iPadはこういうときに便利だ。場所を問わず作業ができる。

気がつけば朝の4時になっていた。iPadのバッテリー残量は1桁になっている。まだ曲は出来上がっていない。イメージが膨らみすぎて、7分を超える長い曲になっていた。

 
とはいえ、もうバッテリーが切れる。プレッシャーが後押しして、午前4時30分に曲は完成した。
作成時間は8時間。
それから、深く眠った。
 
心地よい熟睡感とともに眼が覚めた。時計は6時50分を指している。
「丸一日眠ってしまったか」と、ガッカリした。
しかし、僕は間違っていた。午後ではなく、午前6時50分である。
 
2時間くらいしか寝ていない。それなのに1日眠ったような深い睡眠をとれている。
「躁転したかな?」
まずは疑ってみる。といっても感覚ではわからない。
とりあえず、ベタナミンを飲まずにいつまで起きていられるのか試してみようと思った。
いつもどおりの体調なら10時か13時に眠気がくるはずだ。
 
昨晩できた曲を聴きなおしてみると、冒頭からひどいメロディーだった。なにか違う。
少し手直しが必要に感じた。
なので、朝から曲調をガラリと変える作業をしていた。
 
作業は終わって、あっという間に正午になった。昼食をとる。集中力が途切れたところで眠気はどうだろうか。
しばらく、ぼけっとしていたら、急に眠くなってきた。時刻は13時。
予想どおり、と言いたいところだけれど、頭痛がないところがいつもと違う。
一言で言えば「軽い眠気」である。
 
そして、眼が覚めて、いまの日記を書いている。
 
自分の眠気の神経はいかれているなあと、しみじみと思った。