Bipolar Disorder Of Life

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!返事は必ずします。Twitter@hattix0828

ショッピング中毒、買い物依存症になっていた

はじめに

今日は建国記念日で休みだ。昼間の一休みにスタバに出てきた。

実は、ここのところショッピング中毒にかかっていた。期間を詳しく述べると、去年の12月中旬から今にいたるまでである。

その間に浪費した金額がすごい。計算したところ、60数万円だった。
 
そんなに何に使ったの?と言われても「ものを買った」としかいえない。
いつの間にか仕事の空き時間にネットショッピングをするようになり、抜け出せなくなっていたようだ。

危機感はあった

こうやってブログを毎日書いているから、自覚や危機感はあった。だから大丈夫という気もしていた。けれど、結果として「ショッピング中毒だ」と医師にハッキリと指摘を受けるほど典型的な例になってしまった。

医師に報告する

医師に浪費グセのことを伝えたのは昨日だ。僕は仕事中に「伝えなければいけない」ということに気付き、どうすればよいかアドバイスを貰いたいと思った。
 
医師は、めずらしく驚いた様子だった。普段から診療に感情をこめることが少なく、驚いたところを数回しかみたことがない。

眠気覚ましにショッピング

僕はネットショッピングは眠気のせいで「眠気を覚ますためにネットショッピングをしていた」という持論を述べた。しかし、そうではなかった。いわば「眠気は言い訳」のようなものと言われた。
このあたりは僕の勘違いだったようだ。眠気が全て悪くて、眠気対策をすれば、万事解決。といったような、単純な自己分析をしていたのだけれど、見事に外した。

ショッピング中毒は快楽のためにおこなったもの

ショッピング中毒、買い物依存症は、快楽のためにしただけであって眠気は関係ない。という結論をいわれた。シンプルな答えだ。
 
かなり貯金は減ってしまったけれど、途中で抜け出せたことは大きい。このとき、初めて自覚を感じた。
医師に「ショッピング中毒の治しかたは、自らの意思次第だ」と釘を刺された。

ADHDは何かに依存しやすい

どうやら、ADHDのヒトは依存性の高いものは危険らしい。パチンコなどは絶対に厳禁。ものごとに依存しやすいようだ。自らの障害なのでADHDのことは知っていたつもりだったけれど、そんな単純なことも忘れていた。
 
「しかし、よく気付いたな」と、いわれた。ブログをつけていなければ確実に気付かなかったことだと感じる。
このあたりは、狙いどおり。ブログは抑止力になるという効果を実証できた。

もう買わない

お金を消費してしまったことは痛いが、傷は浅いうちに済みそうだ。そうなると確信している。
忙しない1ヶ月間だった。心が躍動して疲れる。
何に疲れているか、昨日まで分からなかったのだけれど、それはショッピング中毒だったのだ。
 
だから、もう買わない。1ヶ月間で、今年1年分の買い物をしたんだなと思うことにする。
ただ、カフェ代と、彼女とのデート費用。友人との交友費は例外であって、節約の対象外だ。
 
もう買わなくて済むと思うと、迷っていた迷路から抜け出たような安心感があった。