Sunny Sometimes Bipolar Disorder

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!Twitter@hattix0828

Sunny Sometimes Bipolar Disorder

泥酔とマニュアル車

クルマはマニュアル車が好きだ。
免許をとって初めて乗ったクルマはダットサントラックだった。

f:id:hattix:20150912112416j:plain

トラックはその仕様上マニュアルが多い。軽トラックなど、ほとんどがマニュアルである。
免許を取りたてで峠を2回ほど超える、初心者には厳しいドライブをしたことがある。有名な花火を見にいくためで、帰り道は渋滞だった。
峠で渋滞とは絶望的な面倒くささである。
MT車と道路渋滞は天敵だ。それに峠のまっただ中、坂道発進になる。

僕は半クラッチもままならないから、坂道発進に失敗ばかりしていた。なので途中からシフトブレーキを使って坂道発進をする工夫をしていた。
あまりに過酷で、さらにはみんなを送ってひとりで帰る時に居眠り運転をしていた。

居眠り運転は恐ろしい。マジで眠りすぎである。信号が赤だと思って止まっていたら、200m手前で止まっていたとか、危なすぎてどうしようもない。
だけどもうすぐ家に着くから運転せざるを得ない。
僕は虫歯が痛む歯で、ガムをかんで痛みで目を覚まして家になんとか帰り着いた。

それからは居眠り運転はあまりしたことはない。そこまでの極限状況に置かれて運転することは少なくなった。
そのかわり泥酔運転は何度かやったことがある。若かった。
コンパ帰りに飲酒運転。飲み会の帰りはクルマとか、今では信じられないことをしている。当時は飲酒運転の厳罰化前だったからみんな意識が低かった。みんながしていたからやっていたといえる。
もう、厳罰化によって飲酒運転をすることはない。あれはいい法律改正だったと思う。福岡公務員が犯した飲酒運転で追突して、子どもを3人殺した事故は、悲惨というほかなんといえるのだろうか。
調べてみるとちゃんとした名前がついていた「福岡海の中道大橋飲酒運転事故」というらしい。
加害者は危険運転致死傷罪が適用されて懲役20年の刑となった。これは僕も加害者になる可能性があったということだから、どれくらい危険で重いことをしていたのかと、若さの罪深い部分を感じている。

2台めに乗ったクルマはクーペタイプのスポーツカーだった。コンパクトスポーツながら馬力は200を超えて、素晴らしい加速を感じることができる。
僕はこの、スポーツエンジン&マニュアルというコンビにハマってしまった。運転していてこのうえなく楽しい。
マフラーとエアクリーナーを社外品へ換えて、エンジン音は甲高い音を出していた。
これがフル回転、8000rpmの時など凄く気持が良いものだ。

そして今は3代目の愛車である。ワゴン車だ。コラムオートマである。フルタイム4WD
これは僕の趣味で買ったクルマではない。親が買ったセカンドカーを僕が乗っているカタチだ。
そのためか、運転は楽だけれど楽しみがない。マニュアルは「操作している」というダイレクトな反応が楽しかった。その分、片手で他のことは出来なかったけれど、それはそれでよいのである。運転とは両手でするものだ。

そして今、4代目のクルマを買おうとしている。
原点回帰でマニュアル車を狙っている。狙いはヴィッツやフィット、スイフトなどのスポーツモデルだ。スペースもあって遊べる気がする。
友人いわく「中途半端」との言葉を頂戴したけれど、僕は「いいとこどり」だと考えている。
やはり予算があるので、本格的なスポーツカーは買えない。それに、物を載せるスペースは欲しい。
だからハッチバックのスポーツカーや、ステーションワゴンタイプのスポーツモデルもいいかなと思っている。
クルマは買い戻しが効かない。
僕は今のクルマ以外は当たりだったから。趣味がドライブに成りえた。今のクルマではドライブしていても楽しくはない。
またドライブを復活させたい。そのためにはマニュアル車が必要なのだ。