Sunny Sometimes Bipolar Disorder

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!Twitter@hattix0828

Sunny Sometimes Bipolar Disorder

時間の法則

はてなブログには注目のブログというものがある。僕のブログはそれに紹介された。
ブログをはじめて20日目のことである。
今日、注目のブログをみていて、とある記事を読んでいたら。
「やっと注目のブログに取り上げられました。2年間やっていてはじめてです」という文章があった。

えーそんなに意味があったことだったのかと、びっくりした。またそのうち注目のブログにのるだろうと軽く考えていたが、そううまくはいかないだろう。注目のブログになったら記事を細かく更新して、ブログをアピールする必要があったのだ。もったいないことに1日1回だけの更新で済ませていた。
なんだか悔しい気分である。しかし、その時は記事のストックもなかったし、どうしようもないことだった。反省して次に活かそうとおもう。

さて、仕事が暇である。はやく帰りたい。今は16:33だ。16:50に帰ることができる。ずっと時計を見ていて針が進まないことに失望してブログを書くことにした。文章を考えて書いていると時間は早く経つ。しかしネタが無い。僕ははやく帰りたいのだ。その考えに頭が支配されており、他のことを考える余裕がない。はやく家に帰り、20分昼寝をしてシャワーを浴びる。そしてスタバで読書ライフをすごすのだ。もうこの妄想を叶えたい一心で呼吸をしている。自由が欲しい。自由が欲しい。
ようやく16:38になった。なんという進み具合の遅い時計なんだろう。世の中の時間の法則が乱れているに違いない。

労働環境での最大のストレスとは時間である。と石田一宏氏は著書「現代のストレスと神経疲労」のなかで指摘している。
僕はこの考えに同意見である。時間が経たない。16:47だ。まだ帰れない。ストレスフルである。けれど後3分、カップラーメンを作る時間だ。余裕である。16:48になった。もうきている。そこまできている。
さあ16:49になった。MacbookAirを閉じる時間はもうすぐだ。脈が早くなってきた。
ついに16:50になった。晴れて無罪放免である。釈放だ。労働時間という監獄から釈放されるのだ。

スタバへ来た。なんとも晴れ晴れしい気分だ。ただ、隣の席のキャラメルコーンの匂いがキツくて嫌だ。と思っていたら帰っていった。時間が過ぎるのははやいものだ。それにしてもエアコンの風がモロに当たってクーラー病になりそうである。なんだこの席は。僕にはやく帰れと言っているかのようだ。

面白いエッセイが書けるヒトは天才なんだと思う。僕はこれだけ文章を考えているのに、出来上がるのは一定のレベルのものばかりだ。一度でいいから「これは大傑作」と納得できるものをつくってみたい。

僕は記事を他のブログと合わせると400コくらいつくっているけれど、まだまだ足らないようだ。もう一度文章術の本とにらめっこしてみようかなとも思う。
テーマ選びも重要なのかもしれない。注目されるブログはある程度、流行のような空気が混じっている気がする。

写真が多くて読みやすいというブログもある。しかし、僕にとってそれは禁止事項である。そうなってくるとエッセイではない。ただのブログである。あくまでも写真は最低限にしたい。文字というシンプルなもので最高級のエンターテイメントを表現してみたい。

まだ僕は、発芽したての雑草といった程度の文章力だ。
頑張って、夏の終わりに咲く彼岸花のような文章力を備えてみたい。

 

森永製菓 塩キャラメル 12粒×10箱

森永製菓 塩キャラメル 12粒×10箱