読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bipolar Disorder Of Life

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!返事は必ずします。Twitter@hattix0828

奄美大島にメンヘラの街を築こう


クラウドソーシングにメンヘラは最適

奄美大島でクラウドソーシングの人材の移住を募集している。その数50人。これをメンヘラで埋め尽くしてしまおう。
というのが今回のテーマだ。

 クラウドソーシングはパソコン1台とネットがあればできる仕事だ。ノマドワーカーともいう。初期投資はあまりかからない。
メンヘラが病気と向き合いながら自立して生活していくのに、自然が多い奄美大島は療養に最適だと感じる。出不精なメンヘラでも自宅で仕事ができるクラウドソーシングなら安心だ。わずらわしい社会に振り回されることもない。
今(2015年)なら奄美大島の行政とクラウドソーシング大手のランサーズが支援してくれるので、チャンスである。

WEBライターとして独立する

クラウドソーシングの中でも、カンタンになれるのが、フリーライターだ。何も資格はいらない。名乗ったらなれる。けれど最低でも文章術の勉強はしておかなければ、仕事として報酬をもらうレベルになるのは辛いだろう。
1ヶ月くらいは本を読んで勉強し、文章術のスキルを上げる努力が必要だ。
他にもアプリの開発や、WEBデザイン、イラストレーターの仕事があるが、かなりの技術が必要になってくる。プログラミングやWEBデザインは半年くらいの勉強期間が取れないと厳しいだろう。

WEBライターと呼ばれる仕事がある。WEB媒体での記事の執筆だ。このレベルだと誰でも書ける。

立派な雑誌の記事の依頼を受けるレベルになるにはセンスと努力が問われる。なので最初はWEBライターからはじめることになるだろう。

 

最低報酬は1文字0.4円を目安に

WEBライターの仕事はクラウドソーシングの仲介サイトを使えば比較的カンタンにみつかる。しかし、カンタンにみつかるだけあって、報酬が驚くほど安い。1文字0.2円という金額だ。プロのライターは頑張って1時間2000文字程度書くことができる。
1文字0.2円とすると0.2 x 2000 で時給400円、ここから20%の紹介料をとられるので、最終的な儲けは320円になる。これではとても生活していけない。仕事を選ぶときは最低でも1文字0.4円の仕事を選ぼう。0.4円なら時給640円、頑張って多くの文字を書くことができれば最低賃金に届く。


半年間は赤字、貯金と障害者年金があればベスト

WEBライターは基本的に薄給である。「報酬のよい案件」は、たまにあるくらいだ。この「報酬のよい案件」をたくさん請け負えるようになるまで、少なくとも半年は考えておきたい。半年間は赤字を覚悟するということだ。
頑張って仕事をつづけていれば、月の稼ぎが半年後には10万円前後に成長するだろう。それまでは赤字生活を覚悟しなければいけない。なので、生活費の補助として障害者年金がほしい。さらに50万〜100万円程度の貯金があると安心できる。



WEBライターは楽ではない

時間に縛られず、パソコンとネットがあればどこでも仕事ができる。こういうと響きはよい。しかし、生活は楽ではないだろう。
まず、考えておきたい仕事に確定申告がある。自営業なので確定申告をしなければいけない。なので、確定申告の仕組みを覚えて、書類関係を揃えておく必要がある。正直、面倒な作業だ。しかし、独立と確定申告は切り離せない。
さらに、必然的に薄給になることが予想される。月に15万円の稼ぎをだすのは相当に辛い。
よほどよい案件に恵まれなければ毎日10時間、月25日働いて到達するかどうか、というラインだろう。
厳しい世界だと自覚しておこう。


オススメのPCはMacならMacBook Air、WindowsならXPS Graphic PRO

 僕はフリーライターを始めるにあたってMacBook Air 13inch(メモリ8GB SSD 256GB)を買った。バッテリー駆動時間が7時間と、外で仕事をするのに十分なバッテリー容量があり安心だ。WEBライターにはピッタリくるマシンである。ただ、Macがはじめてだったので、操作に慣れるのに時間がかかった。MacにこだわりがなければWindows搭載のモバイルパソコンがいいだろう。
Windows搭載のモバイルパソコンでオススメはDellが発売しているXPS Graphic PROのSSD256GBのモデルがいい。画像の編集もできて、バッテリーは15時間駆動と、全てにおいて余裕がある。
ライターを始めるに当たって必要になるのはPCだ。なので安物ではなく良いPCを買おう。高いPCはそれだけ全てにおいて快適だ。自分の腕を補ってくれるものと思って納得のいくマシンを手に入れたい。

MacBook Air - ノートパソコンの購入 - MacBook Airの購入 - Apple (日本)

New XPS 13 Graphic Pro | Dell 日本


失敗したら帰ってくればいい

僕はもう若くないが、この取り組みに非常に関心を寄せている。今の仕事は契約社員なので契約が切れたら、行ってみてもよいかなと考えている。どうなるかは分からないけれど。
もしも僕が25歳で派遣社員という立場だったらなら、迷わずチャレンジしている。
クラウドソーシングは場所を選ばないし、ノウハウを身に付ければ地元に帰ってきても仕事は続けることができる。
僕は社会生活に疲れたぼっちのメンヘラに最適な仕事だと思う。頑張る気持ちさえあればなんとかなるだろう。
失敗したら帰ってくればいいのだ。いい経験になるはずだ。

 

参考リンク

クラウドソーシングで「フリーランスの島」を目指す奄美大島の挑戦 | 東京IT新聞

鹿児島県奄美市/スローライフを始める~遊ぶ島から暮らす島~

奄美大島移住ガイドブック(PDF:9,086KB)

 

 

APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/13.3

APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/13.3"/4GB/256GB MD761J/A