Bipolar Disorder Of Life

躁鬱病(双極性障害)患者が日々を綴ります。連絡はTwitterまで!返事は必ずします。Twitter@hattix0828

草むしり

午前

本日は非常に眠かった。マジで危うく2度寝するところだった。ハッと目が覚めたので助かった。
一度目覚めればこっちのもの、支度は前夜に終わっていたので、20分以上早く家を出発した。近くのコンビニでアイスコーヒーを飲み、好きな音楽を聞いて、リラックス&精神集中。
朝から作業があり、草むしりをするかと思いきや、ただの草の掃除だった。かなり楽で3人で作業をしてあっという間に終わった。
その後はドブのゴミを掃除した。これもすぐに終わった。
そして、水道のメーターを記録するということになり、見に行くことになった。水道を見る作業もあっという間に終わり、午前中は何もすることがなくなってしまった。

仕方ないので小説を読んでいたら、やさしく注意された。こりゃアカン。友人と「ヒマな時は本でも読んでいればいい」という考えのもとで、活字の本を持っていったのだが、印象が悪かったようだ。スマホは見れる空気ではない。
なので、メモ帳に何か書くことにした。黙々と文字を書いている分には禁止される気配もない。
午後
昼食の時間は気持ちゆるく、スマホ片手に食べものを食べているけれど、問題ないであろう。注意されたらやめよう。こういう楽な仕事なのかもしれない。障がい者のための軽作業…。

ちなみに障害者雇用枠(オープン)で仕事を昨日からはじめた。
しかし、文字を書かなければ、ヒマで死んでしまうかもしれない。何もやるとがない辛さはかなりのものだ。書くこと、テーマもいろいろ考えて置いたほうがいい。そしてそれをブログへ反映すべきだ。きっと有益な効果が待っている。

理想としては小説を創作できればいいのだが、そのような頭の使いかたをしたことがないので無理だと思う。いや、無理という蓋をしているわけでもあるが。ただ、集中して、人の迷惑にならないようにしたい。変なやつと思われても仕事を失うよりはマシである。
ただ精神障がい者だからといって、差別感をバリバリ出されたり、特別扱いされるのに慣れていないので、すこしだけ疲れる気がする。
ボーっとしているだけなので、何も害はないので、時間を気にするストレスが仕事といえる。
確かに慣れると楽かもしれない。ボーっとして、落書きしているだけなのだから。

まあしかし、どうせなら文章力を磨くことも並行して進めたい。やはり、何かのレビューを書くことが、文章の鍛錬になるのではないか?
障がい者枠で入った以上は甘えるべきだ。
3時頃、花壇の清掃をした。かなり辛い、こんなに辛いのかと思うほど。

30分が50分、60分に感じるタイプの仕事だ。あまりに辛いので愚痴りそうになったけれど、グッとこらえた。

 

ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1451

ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1451